第19回総会記念セミナー「休眠預金」は市民活動の資金に活用できるか

認定NPO法人 さいたま NPO センター 2017年度総会記念セミナー

゛『休眠預金』は市民活動の資金に活用できるか。”

 2016 年12 月に、年間約500億円という「休眠預金」を「民間公益活動」を促進するために使うという法律が成立しました。
 『休眠預金』が市民団体の活動資金として期待できるのか、どこがどう運営し、どこに分配するのか、「休眠預金活用法」の概要とそのねらいをいっしょに学びます。

日 時:2017年6月18日(日)14:45~16:45
会 場:武蔵浦和コミュニティセンター第1集会室 (JR武蔵浦和駅西口 徒歩2分)

講 師:岸本 幸子 氏
(公益財団法人パブリックリソース財団 専務理事)
民間企業勤務、米国留学を経て、2000年にNPO法人パブリックリソースセンター創設に参画、2013年より現職。日本の寄付文化の革新に取り組む。日本ファンドレイジング協会、公益法人協会、市民社会創造ファンドなど複数の非営利団体で理事。

定 員:35人(要予約・先着順)
参加費:さいたまNPOセンター正会員・無料/協力会員・500円/非会員・1,000円

主 催:認定 NPO法人 さいたまNPO センター

申込み
Eメール:office@sa-npo.org
または 
TEL:048-811-1666
FAX:048-811-1888