介護者(ケアラー)のための緊急支援グッズを配付

新型コロナ感染拡大の第三波が日本列島をおおっています。
介護者(ケアラー)の苦労が容易に想像されます。ケアラー自身の健康が守られなくてはなりません。
そこでさいたまNPOセンターでは、「生活クラブ生協 福祉緊急支援事業」の助成を受けて介護者(ケアラー)に「緊急支援グッズ」を配付しています。

12月1日に埼玉県内21か所の介護者支援団体に緊急引き継ぎシート「ケアラーのバトン」と「緊急支援グッズ」(手指消毒剤とマスク50枚)を153セット発送しました。
これは新型コロナ下で介護をしている人たちの不安を少しでも軽減したいからです。
介護者支援団体が運営している介護者サロンに来ている人たちに1セットづつ配布されます。
第2弾は県内の介護系NPO法人、市民団体経由で介護者(ケアラー)に配布予定です。

合計350セットをこの事業で配布する予定です。

緊急引き継ぎシートはA3二つ折りのパンフレットで、介護者(ケアラー)が介護できなくなったら、代わりに介護してくれる人に必要な情報を記して渡すためのものです。
また現在は流通しているマスクや手指消毒剤ですが、入手困難な時期もありました。介護者自身の安全や安心して介護できる環境を整えるための必需品です。
「緊急支援グッズ」は1セット市価3000円以上の商品です。
東京サラヤ株式会社さんのご協力で安価に購入することができました。
さいたまNPOセンターでは、数が少ないので個人には直接、配布していません。
各介護者支援団体の判断で個人に配布されます。

緊急引き継ぎシート「ケアラーバトン」

緊急引き継ぎシート「ケアラーのバトン」については、当センターHPからダウンロードをして使っていただくようお勧めします。
現物がほしい方は、1部120円で郵送しますので、切手同封の上お申し込みください。