講師紹介

村田 惠子(むらた けいこ)

村田 惠子(むらた けいこ)

さいたまNPOセンター専務理事

越谷市在住
障碍者ボランティア、NGO活動、アースデー実行委員、平和運動などを経験して市民のネットワークの力の大きさを実感し、2000年「さいたまNPOセンター」の創設に参加。
市民自治によるまちづくりをテーマに「介護保険サポーターズクラブ」「高齢者介護」や「環境保全」「子どもの防犯」などを行う市民団体の設立や支援にたずさわる。
2009年7月に専務理事に就任。元越谷NPOセンター代表。

共著
さいたま女のネットワーク(第一書林)
たみちゃんと南の人々PART2(明石書店)

主な担当講座

  • ボランティア・NPO・市民活動入門
  • NPO・市民活動団体の運営、ネットワーク形成について
  • シニア世代の地域活動参加
  • 非営利組織の会議の進め方、ファシリテーション
  • 埼玉県内の介護者支援の現状、事例紹介

講座の写真

村田講座

講座例

  • 市民活動団体学習会
  • 「10年後を語れるように」(加須市市民活動ステーション/2016年度)
  • 市民活動団体交流会「セミナー:仲間(会員)の増やし方」(桶川市市民活動サポートセンター/2016年度)
  • 「市民活動を継続的に続けるための課題解決」(さいたま市大宮区役所コミュニティ課/2016年度)

大工原 潤(だいくはら じゅん)

大工原 潤(だいくはら じゅん)

前さいたまNPOセンター理事

元さいたま市市民活動サポートセンターセンター長

一級建築士・デザイナーとして公共施設の設計や広報誌の編集に携わる。
現在も地球環境関係雑誌・書籍の校閲・デザインをはじめ、市民団体や地域イベントの広報デザイン等に幅広く携わっている。
各地で広報・デザイン・編集講座を行い、「すぐ役立つ」「具体的でわかりやすい」と好評を得ている。

主な担当講座

  • 効果的なチラシ・パンフレットの作り方(Wordでつくるチラシ講座、PC実習も可能)
  • 広報紙・会報などの取材・編集・デザイン
  • 目を引くパネルを作る
  • 市民団体の情報戦略
  • 広報物の著作権・肖像権について注意したいこと

講座例

  • 「すっきりドッキリ魅せるデザインのコツ」(千葉市生涯学習センター/2015年度・16年度)
  • 「魅せるパネルのつくり方」(吉川市市民活動サポートセンター/2016年度)
  • 「知らねばならないチラシのコツ」(前橋市市民活動支援センター/2016年度)
  • 「魅せるチラシデザイン」(神奈川県立青少年センター/2016年度)
  • 「チラシデザインのこつ」(藤沢市市民活動推進センター/2015年度)

講座のレジュメの一部

チラシデザインの基本の「き」

講座の感想

  • これまで自信が全くない中、残念なチラシを作ってきましたが、この講座に参加して、大変勉強になりました。
  • さっそく使える情報、知識が得られました。
  • なんとなく雰囲気で、そうかな~?と思っていたことを理詰めで教えていただいて、勉強になりました。
  • 色のイメージ、使い分け、奥が深いと思いました。
  • 専門的かつ論理的かつ実用的で文句なし。1000円では安すぎます!!(笑)

堀越 栄子(ほりこし えいこ)

堀越 栄子(ほりこし えいこ)

さいたまNPOセンター代表理事

一般社団法人日本ケアラー連盟共同代表

日本女子大学名誉教授

岡山大学非常勤講師(共同担当)

教育研究に携わるとともに、「認定NPO法人さいたまNPOセンター」理事や「(一社)日本ケアラー連盟」共同代表、自治体の高齢者福祉サービスやコミュニティ、公共サービスに関わる委員会の委員等をつとめ、生活と社会をつなぐ実践をしている。
とくにケアラー支援や市民活動支援、自治などの市民生活の基盤に関わる課題を市民自身の手で社会的に解決するための活動を大事にしている。

主な担当講座

  •  介護者支援の概念、全国的取り組み
  •  介護者支援ボランティア養成
  •  専門職向け介護者支援のあり方

講座例

  • 介護者(養護者)支援活動のこれから~先駆的取り組みを事例に~(横浜市/2015年度)
  • 介護者支援ボランティア養成講習会(入間市社会福祉協議会/2015年度)
  • 横浜市青葉区平成27年度訪問指導事業従事者研修「介護者支援について」(横浜市/2015年度)

講座の写真

堀越講座

講座の感想

  • 介護者のつどいへの参加者が少なく、苦労していますが、参加する方、ケアラーの方々がどういうニーズを持っているのか、サロンなどの立ち上げ方など大変参考になりました。
  • 介護者についての客観的なデータ(数値データ)が見ることができとても良かった。
  • 要支援・要介護者に目を向けているが、介護者への支援についてはなかなかできていないことに気付いた。

三浦 匡史(みうら ただし)

三浦 匡史(みうら ただし)

さいたまNPOセンター 理事

特定非営利活動法人都市づくりNPOさいたま 理事・事務局長

地域生活デザイン 代表

武蔵野美術大学建築学科を卒業後、都市計画や建築に係るコンサルタント会社勤務を経て、2001年に個人事務所「地域生活デザイン」を設立。翌2002年にはNPO法人都市づくりNPOさいたまの設立に参画し、以後、まちづくりや地域福祉などの分野を専門として、地方自治体のまちづくり計画などに関する調査や提案業務などをしている。
また、2007年よりNPO法人さいたまNPOセンターの理事を務め、市民活動分野においても、市民参加を促進するための様々な仕掛けづくりや、ネットワーク形成のつなぎ役など精力的に活動している。

主な担当講座

  • 協働まちづくり
  • ワークショップ
  • ファシリテーション
  • ユニバーサルデザイン

講座例

  • 協働のまちづくり推進委員会講演「協働のまちづくり」(上尾市/2019年度)
  • 「地域づくり活動情報交換会」ファシリテーター(所沢市/2019年度)
  • 職員協働推進研修(坂戸市/2019年度)

講座の感想

  • 具体例が多く理解しやすかった。
  • スムーズな進行で飽きることなく研修を受講することができました。
  • 先生の実体験による講義はとてもわかりやすく、自分にもできることがあるのではないかと思った。
  • 住民側・行政側双方の視点でお話しいただいたのが特に勉強になりました。
  • 街づくりや防災の場面で協働の意識という部分がこんなにも大事だということを初めて理解することができた。

小野崎 研郎(おのざき けんろう)

小野崎 研郎(おのざき けんろう)

さいたまNPOセンター 理事

特定非営利活動法人浦和スポーツクラブ 理事長

建設部門の技術士として、1990年代から住民参加型の公共事業の支援を多数経験。同時に地域スポーツクラブの運営に携わり、NPO法人化、指定管理事業受託など自らの経験をもとに他団体の法人化や指定管理者応募を支援。地域包括支援センターとともに地域の健康リテラシー向上にも取り組む。

執筆
月刊ガバナンス 2018年12月号(ぎょうせい)
「公共サービスを地域が担うために」

主な担当講座

  • NPOの設立・運営(マネジメント、広報、資金、事業計画等)
  • 地域の健康づくり

講座例