2017年度(平成29年度)事業

事業分類 プロジェクト 事業計画
非営利組織ネットワーク事業 ネットワークSAITAMA21運動
  • ボランティアカードの宣伝・普及(100枚)
  • シニア世代へ地域デビュー講座を計2回実施
  • シニア人財バンクの運営受託
NPOと大学のネットワーク事業
  • 世話人役として事務局会議に参加
  • インターン受入(専修大学など)
市民活動支援施設
運営開発事業
桜環境センター環境啓発施設運営
  • さいたま市桜環境センター環境啓発施設の運営、市民団体支援
公共施設運営開発・連携プロジェクト
  • 春日部市民活動支援施設の市民運営への追求
首都圏の市民活動支援施設スタッフネットワークづくり
  • スタッフ交流会などを開催
その他
  • さいたま市サポセン問題の追及
非営利組織のための研修相談・支援事業 講座企画・講師派遣事業
  • 講師派遣目標50件
  • 講師・講座一覧のパンフレット作成、関連機関へ広報
  • 休眠預金活用法やコミュニティファンドの勉強会(3回以上実施)
会計税務相談事業
  • ゆうちょ財団助成のセミナーと相談会を2か所で実施
  • 会計・税務相談を春日部市・宮代町で実施
編集・印刷支援事業
  • 市民活動団体等の広報物の編集・印刷支援を実施
印刷機等貸出事業
  • 事務所の印刷機等機材の貸出
その他
  • 市民活動支援施設スタッフの研修会実施
市民自治・地域開発事業 子育て・子ども関連事業
  • 子どもの防犯力UP出前講座を10か所の幼稚園などで行う。受講予定者1000人(子どもと保護者など)。
    また、越谷市と新座市、さいたま市で、出前教室の「インストラクター」を育成して、グループ形成をはかる。
環境事業
  • 高崎線沿線の複数の団体とSAVE JAPANプロジェクトを実施。
  • 10月以降、県西部の団体と実施
介護・福祉・助け合い関連事業
  • 介護者サロンのネットワーク形成事業として、研修会・交流会を行う。
  • 共通のポスターの作製、マスコミや他団体ニュースへの掲載のお願いなど、広報活動を行う。
  • 介護者サロン(夢うらわ)の継続
  • 介護離職防止のための事業
  • 埼玉県内専門職向けセミナー4回実施(計400人)
防災・被災者支援事業
  • 震災被災者への寄付金の残額を被災者または支援団体に寄付する。
  • 全国NPO支援センターの災害ネットワークに参加
東部地域開発事業
  • 「仕事おこし懇談会」「水辺の市」に可能な限り出店し、地域のネットワークに加わって活動。
  • 越谷介護者の会、越谷介護保険サポーターズクラブと連携し、介護者サロン事業実施。
市民調査・発信提言事業 情報発信事業
  • ニュースを年4回発行、1,000部印刷、800部発送。
  • メーリングリスト登録者350名を増やし、活発化する。
  • 会員向けメールによる情報提供
審議会・審査会への委員参加
  • さいたま市社会教育委員、さいたま市CSR推進委員、桶川市協働推進審議会、春日部市市民活動センター運営協議会へ派遣
  • 全労済、中央ろうきん、蕨市協働事業、戸田市市民活動サポート補助事業、ゆうちょ財団審査会参加
政策提言活動(アドボカシー)
  • NPOに関わる埼玉県の施策に関する提言活動を行う。
  • 生活支援コーディネーター研修提言
  • さいたま市市民活動サポートセンター協働管理運営検証プロジェクトへの参加
運営体制の強化
  • 事業ごとに非常勤、アルバイトを適宜、採用して後継者育成に努める。
  • 理事、本部・桜環境センター・越谷事務所の部門長で構成する「事業運営会議」の実施